保育士と幼稚園教諭の求人は「ほっとほいく」。
保育園や幼稚園と学童保育の転職情報を掲載。

社会福祉法人あざみ会

←前のページへ戻る

《どんぐり保育園》で保育士(正職員)を募集!!

  • 社会福祉法人
  • 交通費支給

年間休日130日! 家賃補助上限82,000円 ワークライフバランスを大切にしています。

職種 保育士(正職員)
給与 基本給180,000円以上(1年目の例、経験年数考慮)
勤務時間 月〜金7:00〜20:45、土曜7:00〜18:00(シフト制)
アクセス 京急本線 新馬場駅 徒歩5分
インタビュー記事 園長先生や保育スタッフのインタビュー記事を読む

掲載終了または更新予定:随時

求人情報詳細

雇用形態

正社員

給与

●基本給180,000以上(保育士1年目)
※経験者は経験年数を考慮。例=経験3年基本給21.0万、7年24.9万

●各種手当
早番遅番手当1回に付き 500円
住宅手当 20,000〜82,000円
子供手当 10,000円
各種役職手当 10,000〜60,000円
その他

勤務地

東京都品川区南品川2-9-13
社会福祉法人 あざみ会 どんぐり保育園

応募資格

保育士資格

勤務詳細

保育士<正職員>
月〜金7:00〜20:45、土曜7:00〜18:00
(シフト制により実働7時間45分休憩60分)

完全週休2日(日曜日及び土曜または平日1日)、祝祭日、年末年始

施設の特徴、待遇、
福利厚生等
●賞与
年2回(6月・12月)年間3.9ヶ月(昨年度実績)
※運営年度により異なります。

●通勤費
給与規定により全額支給

●昇給
年1回(4月)

●各種保険
雇用保険、厚生年金、健康保険、労災完備

●退職金制度
・東京都社会福祉協議会従事者共済会
・独立行政法人福祉医療機構
※1年以上の勤務で支給。


●休日・休暇
完全週休2日制(土・日(土曜出勤の場合は平日振休))
祝祭日、年次有給休暇(入職と同時に10日付与)、夏季休暇5日、結婚休暇5日、産前8週産後8週(多胎の場合は前後14週)、妻出産休暇2日(男性)、年末年始6日・子ども看護休暇5日/年(子ども2人以上は10日)、子育て支援休暇5回/年、入学式、卒業式参加休暇、弔慰休暇3日〜7日、傷病休暇(万が一けがや病気で休んでも6ヶ月間は100%基本給が支給されます)


●結婚、出産後も安心して働くことの出来るように、ワークライフバランスを大切にしています。みなさんの新しい活力を求めています!

各園とも、0歳児〜5歳児までのお子さんをお預かりしています。各園によって、年間の行事は様々ですが、若い保育士さんからの意見を積極的に取り入れ、それぞれの園独自の行事も増えてきています。夏にはプール遊びだけでなく、『ボディペイント』を行ったり、地域活動の一環として、『地域清掃』を行ったりと、与えられた保育業務をこなすだけでなく、自分たちで新しい保育行事を作っていけるのもあざみ会の魅力の一つと考えています。ぜひ皆さんの新しい感覚を私たちの保育園で活かしてください。
応募方法 お問い合わせはページ内の「問い合わせる」ボタンからご希望の連絡方法をお選びいただけます(24時間受付可)。また、お急ぎの方は下記まで直接ご連絡ください。担当者が応対いたします。

社会福祉法人あざみ会 採用担当:川西
TEL.03-6433-1477

※お電話の場合は「ほっとほいく」を見てとお伝えください。

掲載終了または更新予定:随時

法人(施設)情報

法人(施設)名

社会福祉法人あざみ会

電話番号

0120-0194-33 ほっとほいく運営事務局へ繋がります 

住所

〒140-0004
品川区南品川2-9-13

保育方針・保育理念

私たちは、子どものことはもちろん、
保護者の方への支援、働く職員の労働環境を大切にしています。
『子ども』と『保護者』と『職員』すべてが満たされる、
『入ってよかった』『預けてよかった』『働いてよかった』
そう思える保育園でいられるよう、日々の業務に取り組んでいます。


≪法人理念≫
安らぎと楽しさ、個性を引き出す保育
保護者が気軽に意見、要望を出せる保育
職員の資質の追及・より良い労働条件の保全保


≪保育理念≫
当保育園は児童福祉法に基づき、保育に欠ける乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設である。
私たちは、児童憲章、児童権利宣言、保育所保育方針、保育士倫理要綱などに則って保育をします。
従って、入所する乳幼児の最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしいものになるよう、日々の努力を怠らない。


≪保育方針≫
子どもが健全、安全で情緒の安定した生活ができる環境及び自己を十分に発揮しながら活動できる環境を整え、五感を育み、感受性豊かで健全な心身の発達を図る。
養護と教育が一体となって、人間性豊かな子どもを育成する。
家庭や地域社会との連携を図り、保護者の協力のもと、家庭教育の補完を行う。
地域における子育て支援のため、乳幼児などの保育に関する相談に応じ、助言を行うなどの社会的役割を果たす。


≪保育目標≫
ひとりひとりの発達、持ち味、個性を大切にしながら、友達と遊べる心豊かな子どもを育てる。
人の話を聴き、自分で考え、自分の意思でひとつひとつの行動に取り組める子どもに育てる。
人とのかかわりを大切にし、差別を生まない思いやりのもてる子どもに育てる。